読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

synchronicity-life’s diary

シンクロ倶楽部に入ってからの日々を綴っています。

流れが加速化No.0007

いつの間にか、加速している。

 

ワークに、流れが加速していくことに感謝しますという宣言がある。

 

それを身をもって実感している。

 

シンクロ倶楽部の実験は、かなりやばいぞ。

 

 

時間をかけるということが、必要ないのだ。

 

それを体で、つかんでいる。